« ブラザーズ・グリム | トップページ | ホーンブロワーの義理のお兄さん »

2005/11/07

ジンジャーブレッド・ハウス

 ブラザーズ・グリムを見た話は書いた。
 で、「お菓子の家」って言葉が出てくる。
 英語で、「gingerbread house」。
 ジンジャーブレッドで作った家じゃ、欲しくないな。
 チョコレートと、ケーキでできた家じゃないとな、やっぱり。

|

« ブラザーズ・グリム | トップページ | ホーンブロワーの義理のお兄さん »

コメント

 グリムの時代のドイツだからねぇ。
 フランス(パンが無ければケーキを食べれば良いのに、の国)、イギリス(世界の王者、大英帝国)なら、もっとまともだと思うけど、ドイツの田舎じゃ、ジンジャーブレッドぐらいしか無いかもしれない。
 (他の国でも、一般的だったのかな?)

 ネットで、「gingerbread house」検索すると、それなりに、砂糖のかかったような「お菓子の家」がでてくる。
 「ジンジャーブレッドハウス」と日本語で入れても、出てくる。
 一般的な言葉だったのか、知らなかった。
 でも、味が単調そうだな、みんな。

投稿: ロカンドラス | 2005/11/10 00:48

お久しぶりです。

そうなのですね~。
gingerbread houseというのは原作上もそうなっているのでしょうか。
それを日本に輸入するときアレンジしたのかな、とちょっと驚きました。ずっと前から日本の「お菓子の家」はロカさん好みの家になってましたよね。それってほんとうは違ったのか…。

投稿: 明日香 | 2005/11/08 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/6959122

この記事へのトラックバック一覧です: ジンジャーブレッド・ハウス:

« ブラザーズ・グリム | トップページ | ホーンブロワーの義理のお兄さん »