« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/30

ポセイドン

20060530 土曜日、先行が始まったので見てきた。
 オープニングのCGとか、よくできてるんだけど・・・。
 最後の救命ボートのあたり、あまりに手抜き。
 何年前のCGだ、ってくらいできが悪い。

 カート・ラッセルはどの映画も同じ役だね。
 バックドラフトにも出てたから、元消防士の役だった。
 潜水艦のりの人は、もと戦闘機乗りだった気がするな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

スキャナ

 スキャナが壊れたことは書いた。
 買ったのはいつだろう?
 グインのページ作り始めてからなのは確か。
 で、神楽坂倶楽部ができたときには、スキャナは持ってた。
 なにしろ、作者にリンクしてもらえるって事で、最初のうちはデジカメで取ってた表紙のデータを一晩でスキャナのデータに変えたんだから。
 神楽坂倶楽部は2000年にできたのか。
 少なくとも、7年以上は使ってるんだな。
 そろそろ買い替えか、どっちにしろ。

 エプソンにしようか、キヤノンにしようか、どっちがいいかな。
 フィルムスキャナ機能は要らないから、エプソンかな。
 あ、GT-7400U って、電源ボタンがないのか、じゃだめだな。
 これの上の機種だと、機能も値段も、エプソン、キヤノン共に大して変わらないな。
 さぁ、どおしよう。
 来月のグインの発売までには何とかしないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

ダ・ヴィンチ・コード

20060523 土曜日、初日に行ってきた。
 混んでるねぇ。
 3時間近く前に行って、最前列ぐらいしか空いてなかった。
 緑のジャケット着たアンケート採る人がいっぱいいた。
 何度も初日に銀座の1番大きな映画館、というのは行ったけど、これほどアンケート係がいたのは初めてのような気がする。

 できは、まぁまぁかな。
 女の子が、ポスターよりはかわいかった。
 ジャン・レノはいつものとおり。

 マグニートーというか、ガンダルフというか、よかった。
 最大の疑問は、アールグレイにそんなもの入れるか?
 ベルガモットは柑橘系だろうに。
 イギリス人って、そんなことするの?
 それともただ単に、この個人が変わり者って事?
 ダ・ヴィンチ・コード最大のなぞだ。

 今日は写真が無い。
 スキャナが壊れた。

追記:7/10
 スキャナ買ったんだし、データ撮った。
 後で欲しいしね。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006/05/16

IKEAの続き

 IKEA 行ったとき、驚いたことが。
 マキロン。
 いや、売ってるんじゃなくて、使ってた。
 IKEA は、ショールームで番号をメモして、最後(レジの前)で、自分で物を探すようになってる。
 で、そこで怪我をしたらしいお客さんがスタッフとマキロンをつけてた。
 スタッフ側に申し訳なさそうな雰囲気が全然ないのは、普通のことなんだろうか。
 
 で、番号メモしても、取れない、あれ。
 棚の1番下はいいけど、2段目以上は取れないぞ。
 3段目以上は上ることも不可能そう。
 私が見たときは、だれも、3段目以上を取ろうとしてなかったから、何か方法があるのかもしれないけど。
 どおなってるんだろう。

 私のソファは売り切れだったけど、外人のスタッフ捕まえていつ入るか聞いたら、「多分、もう入ってると思います」って調べてくた。
 コンピュータで調べると、在庫なし。
 倉庫に英語で電話して確認した結果、「成田には着てる」ということで注文ができた。 
 まだ、オープンして1ヶ月たたないから、ネットで検索しても買い物したという情報はほとんどないな。
 みんなどう思ってるんだろう?

 あと、船橋駅前の交番。
 IKEA への行き方、海浜公園への行き方がドアの前に張ってある。
 多いんだろうな、何も考えずに船橋駅きちゃう人。
 IKEA の最寄駅は南船橋。ザウス(人工スキー場)の跡地。
 海浜公園は・・・。船橋市民の私もいったことないくらい奥地。京葉線二俣新町からバスかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/15

IKEA のソファ

 IKEA で買ったソファが届いた。
 IKEA、持つのかなぁ。

 自分で組み立てるのは良いんだけど、マニュアルが変。
 日本の親切なマニュアルとは全然違う。

 ファスナが変。
 これは日本製じゃないよな。
 出来が悪い。すぐに途中から開いちゃう。

 配達を考えてない。
 大塚家具で書棚とか買うと、エレベータのサイズを聞かれる。
 IKEAは何も聞かれない。
 で、当日になって
「エレベータに入りません。2人じゃ運べないんで一緒に運んでください。」
 とか言って来る。
 うちのエレベータに入らないと、マンションに住んでる人の多くは無理だぞ。
 もう一段階ソファが分解できないと。
 日本のこと考えてないよなぁ。

 次に大きな家具買うときは、たとえ高くても、お台場行って大塚家具だな。
  

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006/05/08

ココログ 壊れた

 表示できない。
 2004/12/19 が表示できない。
 私の書いた文書自体は、バックナンバー とかからで表示できるんだけど、それに付いたコメントを読もうと、クリックすると、違うところに飛ぶ。
 サポートに連絡したけど、直らないらしい。
 困ったもんだ。

 ブログ、移動するとしたらどこがいいのかなぁ。
 もう、nifty である必要は無いしな。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/05/07

レオナルド・ダ・ヴィンチ ヴァーチャル・アトランティコ手稿展

20060505b レオナルド・ダ・ヴィンチ ヴァーチャル・アトランティコ手稿展も見てきた。
 
 手稿なんて、なかなかみれないから良かった。
 あと、模型を実際に作ってあるのが複数あって、それもいい。
 PCでヴァーチャルで見れるのは、PC自体が人数の割りに少なく、しかもみんな時間かけてみてるから、運が良くないと、なかなか見れないけど。

 図録とCD-ROM は、予約してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/06

Vフォー・ヴェンデッタ

20060505a
 V FOR VENDETTA(Vフォー・ヴェンデッタ) 見てきた。
 これもランク低いなぁ。
 ナタリー・ポートマンだから見に行ったけど。
 あ、ナタリー・ポートマン、いつもと違って、イギリス英語話してた。
 まぁ、イギリスの話だから、みんなイギリス英語なんだけど。

 眠い映画だった。

 でも、チャイコフスキーの「1812年」の序曲はよかったな。
 あと、あのマスクも良かった。
 売ってれば欲しかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/05

錦糸町 オリナス

 両国の博物館行ったついでに、錦糸町に新しくできた、オリナスにも行ってきた。
 近くに住んでれば役に立つかな。
 わざわざ行くようなところじゃないな。
 でも、華々美人で食べた、マンゴーかき氷の全部乗せのやつ(デラックスなんとか)はおいしかった。
 なぜか、私が頼んだのより、後から頼んだ人のほうが大きかった。
 私のとき、氷が切れてたのか?
 もう少し氷があったほうが、バランスは良かったな。

 オリナスの隣(というか、一緒)にあるマンション。
 CMはジャン・レノがやってた。
 で、検索してみると、「ジョン・レノ」と思ってる人がいるのね。
 同じページに「ジョン・レノ」と「ジャン・レノ」入り混じって書いてる人もいる。
 気づいてないんだろうな、本人。
 しかも、ショッピングサイトで間違ってる所があるんだから、しょうも無い話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/04

ナポレオンとヴェルサイユ展

20060504 江戸東京博物館に「ナポレオンとヴェルサイユ展」見に行ってきた。
 飾ってあるのは悪くないんだけどねぇ。

1.説明文に英文が無い。
 日本のもの、中国のもの、英国のもの、何を飾ろうが、日本語と英語の説明はあるはず。
 それが、日本語とフランス語しかない。
2.説明が足りない。
 「そんな人、誰も知らないぞ」って人を説明なしで置いてる。
 並べた本人はフランス語で説明文書くくらいだから、フランスが専門の人で、それが誰だか知ってるんだろうけど、見に来てる人は、誰も知らないぞ。
 「ナポレオンの兄」とか「ナポレオンの重臣」とか、説明が必要だよ。
3.ナポレオンの話なのに、ワーテルローとか無いのね。
 いつの間にか死んでた。
 1枚で良いから、ワーテルローの何か欲しかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

高千穂遙:ダーティペアの大征服

20060503 また、高千穂遙さんの本。
 ダーティペアの大征服―ダーティペア・シリーズ〈6〉
 こっちは、誰でも知ってるダーティペア。
 フラッシュはつまらなかった(というか、ユリ、ケイの2人がいまいち魅力的じゃなかった。)けど、オリジナルの2人。
 「剣と魔法」の世界です。
 この世界いいねぇ。
 行きたい。

 で、ここ読んでる人には、グインのファンが多いと思う。
 で、「剣と魔法」「グインのあとがきを書いた高千穂さん」「ムギ」がそろうと・・・。
 ということで、お勧めです。

 キンメリア政府とかも出てくるし、コナンのファンも、いろいろ楽しめると思う。

 しかし、、この本、終わってないぞ。
 まさか、次が、「ダーティペアの大風雲」だったりしないよな。
 そうすると、英語版のタイトルは、「THE SWORD OF DIRTYPAIR」か。
 英語の翻訳を考えるとすると、あの忍法の名前は・・・。
 日本人にしか分からない気がするが。
 忍法だからしょうがないか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »