« 伊勢神宮と神々の美術 | トップページ | ソニービルの水槽 »

2009/07/27

インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン

20090727a
 先週の金曜は、科学博物館黄金の都シカンを見に行った。
 夜行って外れだったこと:(中庭あたりで)シカンのあたりの食べ物が売ってたらしいんだけど、もう閉店してた。
 常設展行くだけで、食べられるかなぁ。
 でも、常設展でも600円か。食事のためだけに行くのはチョットな。

 シカンを調べてるのは南イリノイ大学の島田教授。
 初めのうちは分厚い眼鏡かけてたのに、途中から無くなった。
 あれはレーシックだね。
 アップのシーンでもコンタクトは見えなかった。
 あ、映像多いです。
 大半は2分ぐらいだけど、コーナーごとにあるから見るのに時間が掛かる。

 で、考古学者だけでなく、他の分野の専門家と一緒に・・・。
 って話があって、冶金学者とかと一緒に研究してたけど、そんな当たり前のことを考古学者って全然やってこなかったのね。

 だから、エジプトのピラミッドの作り方も、建築家でなく、考古学者が勝手に考えてたみたいで、最近はフランスの建築家がもっと合理的な方法でピラミッドを建てられると証明したみたいね。
 「ピラミッド フランス 建築家」で検索するといろいろ出てくる。

 あ、島田泉教授って、中学2年で渡米してるんだ。
 研究始めてからアメリカ行ったんじゃないのね。
 はじめからアメリカの大学なんだ。
 大半の人の元ネタはここみたいね。
 私は見てないけど。

|

« 伊勢神宮と神々の美術 | トップページ | ソニービルの水槽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/45761047

この記事へのトラックバック一覧です: インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン:

« 伊勢神宮と神々の美術 | トップページ | ソニービルの水槽 »