« 映画史に残る食事の名シーン | トップページ | しんかい6500 »

2009/08/12

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー

20090809b
 シンケンジャーがメインで、「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」はおまけだったんだけどね。
 映画としてはこっちのが良いかな。
 おまけで貰ったこのガンバライドカード、使い道無いよな。

 で、内容。
 映画の世界に「結城丈二」って二人いるみたいね。
 一人はディケイドの世界のGackt。
 もう一人は昭和ライダーの世界の人。
 最終決戦で出てくるライダーマン、あごの形がGacktじゃない。
 オリジナルのライダーマンに近いね。
 で、なんでライダーマン?
 最終決戦に来るライダーはみんな番組を持ってる主役。
 ライダーマンだけ番組を持ってない。
 他の脇役ライダーは最終決戦には来てないのに。
 タックルはライダーでない(電波人間)からしょうがないにしても、ロボライダーやバイオライダーが居ないで、ライダーマンだけ居るのもなぁ。
 電王だって、モモちゃんだけだしね。
 納得できない所はたくさん。
 (龍騎や響鬼のライダー、全員出て欲しかったなぁ。これ以上居ると、一人ずつの戦闘シーンはなくなりそうだけど。)

 でも、シャドウムーン、いいねぇ。
 ライダー系のフィギュアを一つだけ飾るとしたら、シャドウムーンが良いよね。
 今回も別格の役だったし。

 死に神博士は・・・。
 ビールとイカはやめて欲しいなぁ。
 笑いが取れるならまだしも、誰も笑ってなかったぞ。

 

|

« 映画史に残る食事の名シーン | トップページ | しんかい6500 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/45882980

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー:

« 映画史に残る食事の名シーン | トップページ | しんかい6500 »