« 仮面ライダーW(ダブル) | トップページ | コンパーレ・コマーレ »

2009/09/08

TVのペイチェック、やっと見た

 随分カットされてるなぁ、やっぱり。

 主人公(ジェニングス)が棒を渡されて、達人みたいに使ってるけど、頭脳労働者だから、趣味で、棒術をやってるんです。
 で、ショーティ(最後まで残ってた友達)が彼女の所に唐突に鳥かご持ってくる(TVだと、レイチェルとはあったこと無いんじゃ・・・)けど、ちゃんと全員知り合いです。
 とか。
 カットしすぎ。

 で、今回TVみて初めて気がついたこと。(2004年に映画館では気がつかなかった。)
 立体テレビの会社の女性、映画の時は「美人だな」としか思わなかった。
 これ、リリー・ラッシュじゃないか、コールドケースの。
 社長はバットマンの悪役(トゥーフェイス)だし。
 そして、刑事の中に・・・。
 デクスターが居る。

 で、監督。
 ジョン・ウーなのは知ってたけど・・・。
 でた、白いハト。
 ナンの脈絡もなく出てきた。
 レッド・クリフの時は一応意味はあったのに。
 さすが、ハトおじさん。
 この頃は、ジョン・ウーがアクション系の監督なのは知ってたけど、ハトおじさんとは知らなかったからな。

 いやぁ、時間が経ってから見ると、新しい発見があるな。

 主人公はデアデビルという作品で、盲目のアメコミ・ヒーローをやってた。
 盲人用の杖を武器にしてたはず。
 デアデビルはこの作品の前に見てたはずだな。

|

« 仮面ライダーW(ダブル) | トップページ | コンパーレ・コマーレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/46137802

この記事へのトラックバック一覧です: TVのペイチェック、やっと見た:

« 仮面ライダーW(ダブル) | トップページ | コンパーレ・コマーレ »