« デアゴスティーニ分冊百科全号 | トップページ | DSi »

2009/09/16

ウルヴァリン:X-MEN ZERO

20090915a

 14日、TOHOが1000円だったので見てきた、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」。
 予想通り良かった。

 ヒュー・ジャックマンを何回かTVでみた。
 「笑っていいとも!」に出たとき、運動神経良かったね。
 ピンポン球を帽子で取るやつ、水曜日だったかな、あの曜日、6ポイントの内、3ポイントはヒューが取ったもんね。
 「めざましテレビ」ではSushi Train に行ったけど、サンマが気に入ったみたい。
 「AKAMI?」って聞いてた。
 お店の人は「サンマ」って言って、本物を見せてた。
 あれで分かったかなぁ。
 英語だと、なんて言うんだ?
 Brevoort? Cololabis saira? Pacific saury?(英辞郎より)
 Pacific sauryが一般的かな。

 で、映画の世界。
 超能力者いっぱい居るよね。
 今回の中では、接触テレパスが一番役に立ちそうかな。

 そうそう、エンド・クレジットのあと、日本とアメリカだけのパートがあるって話だった。
 クレジットが始まってから、大佐が出てきた。
 これ、日本用?
 と思ってたら、「なるほど」と言うシーンがあった。
 これが日本用か。

|

« デアゴスティーニ分冊百科全号 | トップページ | DSi »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/46221709

この記事へのトラックバック一覧です: ウルヴァリン:X-MEN ZERO:

» 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」怒涛のハリウッドアクショ... [soramove]
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」★★★★ ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー、リン・コリンズ、ダニー・ヒューストン主演 ギャヴィン・フッド監督、109分、2009年、アメリカ                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← もう一度見たい! 「孤高のヒーローとして異彩を放つウルヴァリン、 彼の生い立ちからウルヴァリンという名前の由来や 謎の軍人の組織する特殊... [続きを読む]

受信: 2009/09/28 07:31

« デアゴスティーニ分冊百科全号 | トップページ | DSi »