« 『勝間和代 VS 西村ひろゆき』 | トップページ | 亀戸天神 2010 »

2010/05/04

最近の刑事物

 最近は刑事物にアドバイザー(顧問とか)がよく出てくるよね。

 NUMBERS 天才数学者の事件ファイル(NUMB3RS): FBI - 数学教授
 BONES(ボーンズ)-骨は語る-: FBI - 法人類学者
 キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き: NY市警 - ミステリ作家
 WHITE COLLAR 天才詐欺師は捜査官: FBI - 詐欺師
 ライ・トゥー・ミー 嘘は真実を語る(Lie to me): FBI - 心理学者
 THE MENTALIST/メンタリストの捜査ファイル: CBI(カリフォルニア州捜査局) - ニセ霊能力者

 名探偵モンク(Monk)は刑事物ではなく、探偵物だよな。

 この中で順位着けると。
7.名探偵モンク:モンクの性格が耐えられなかった。途中で見るのやめた。
6.THE MENTALIST:パトリック・ジェーンのすることがほとんど魔法レベル。それで居て無駄に人を殺してる。

5.ライ・トゥー・ミー:主役がムサイ。No.2の女性が美人だから耐えられるけど・・・。主役の顔が嫌いでなければ、お勧め。

この先4つは順位着けづらいな。
4.NUMBERS 天才数学者の事件ファイル:数学使うのは良いんだけど、「それでほんとにできるの?」って言うのがあるね。あと、ゴルフをするときのチャーリーとかを見ると判るように、計算ができると、実際にできる、を区別できてないときがあるよね。
3.WHITE COLLAR 天才詐欺師は捜査官:欠点は特にないね。なぜ3位かというと・・・、捜査官とアドバイザー、両方とも男なんだよな。普通、男女のペアが多い気がするけど。そこが私にとっては少しマイナスかな。ピーターの奥さん、物わかりの良いとってもできた奥さんでそこは良いんだけどね。
2.BONES:これはアドバイザーと言うのとはチョット違うよね。捜査パートナーなんだけど。法人類学者のテンペランス・ブレナンは知的な女性で、アメリカ人なのにキリスト教とか信じてないし、とてもポイントが高い。あ、地上波でも深夜にやってるはず。
1.キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き:ボーンズはまじめに作って、キャッスルはおもしろく作ってる感じかな。キャッスルの娘は良い娘だし、ベケット捜査官も美人で良い感じだよね。ドレスも似合ってたし。ドレス姿を見る前だと、2位になってたかな。

 しかし、ファイヤーフライ宇宙戦争(Firefly)って凄い番組だったんだな。
 船長    -> キャッスルのミステリ作家
 ゾーイ   -> 交渉人 ~Standoff の上司。
 ウォッシュ -> ドールハウスのアルファをやるんだ。
 イナーラ -> スターゲイトでアドリア
 ジェイン -> チャックのジョン
 ケイリー -> スターゲイト・アトランティスで、ベケット亡き後の医療主任
 リバー -> サラ・コナー・クロニクルスのロボット(サラよりこっちが主役?)
 と、登場人物少ない割に、私の見てる番組にばかりみんな出てくる。
 映画版のセレニティにはミスター・ユニバースとしてナンバーズのチャーリー・エプスとか、先生役でボーンズのカミールとかまで出てくるし。
 内容はカルト番組かもしれないけど、役者はメジャーなメンバー使ってるよな。

|

« 『勝間和代 VS 西村ひろゆき』 | トップページ | 亀戸天神 2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/48255457

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の刑事物:

« 『勝間和代 VS 西村ひろゆき』 | トップページ | 亀戸天神 2010 »