« 聖なる数学:算額-世界が注目する江戸文化としての和算 | トップページ | ミスドの手帳 »

2010/11/03

碧螺春(へきらしゅん)

20101102a 20101102d 20101102c

 ここまで産毛の多いお茶は初めてだな。
 もともと、碧螺春って、「茶葉の表面が白い産毛で覆われているのが特徴」なんだけどね。
 参考1
 参考2

 2枚目の写真はお茶の袋の中。
 カビが生えてるんじゃないかと言うくらい真っ白。
 目の細かい茶漉し使ったら、産毛だけがこんなに取れた(3枚目)。

 「日本に持ってきたら幾らになるんだ」ってくらい中国でも高かったらしいけど、さすがに高級茶だね。

|

« 聖なる数学:算額-世界が注目する江戸文化としての和算 | トップページ | ミスドの手帳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/49910740

この記事へのトラックバック一覧です: 碧螺春(へきらしゅん):

« 聖なる数学:算額-世界が注目する江戸文化としての和算 | トップページ | ミスドの手帳 »