« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第15話 「私掠船現る」 | トップページ | 印刷博物館:空海からのおくりもの »

2011/05/30

明治大学博物館

20110530a

明治大学の博物館、やっと行ってきた。
30年ぐらい前、お茶の水の明治大学の斜め前に「刑事博物館」(たぶんこんな名前)と言うのがあって、行こうと思いながら、入り口が暗くて、入りづらくて、1回も行かなかった。
やっと行ってきた。

商品、刑事、考古と三部門に分かれてる。

刑事部門、説明文で納得できない所が。
「鋸引仕置の図」の隣に「鋸引」があるんだけど、「鋸引」の説明文はワンランク上の刑罰「磔」の事が書いてある。
とりあえず、メールで質問してみるか。

ミュージアムショップにある「鉄の処女」のTシャツ。
コレを買うことも目的の一つだったんだけど、うーーむ。
昔サイトで見た時は赤以外もあったはずなんだけどな。
買うのやめた。
友達は、「Sが無い」と言って、やっぱりパス。
Mでも、随分大きかったね。アメリカサイズ?
外人は良く来るみたいで、募金箱に色々な国のお金が・・・

竹製品の隣に色々な竹が置いてあった。
亀甲竹って・・・
後で調べてみたら、自然にできるのね、初めて見た気がする。

明治大学の歴史の部分に、「サークルの部印と印箱」と言うのがあった。
籠球部、送球部、排球部、鎧球部は判るけど、健兒團部ってなに?
應援指導部の方は応援団だと思うから、健兒團部は別物だよね。

健兒團部ってなに?
勤労報国部は訳しようがないと思うから諦めるけど。

ちなみに、
籠球:バスケットボール
送球:ハンドボール
排球:バレーボール
鎧球:アメリカンフットボール

あ、博物館内にスタッフは居ない。
だから、入場無料でもやっていけるのかな。

|

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第15話 「私掠船現る」 | トップページ | 印刷博物館:空海からのおくりもの »

コメント

どれもこわそう。健児(こんでい)は弓馬を訓練した軍団兵士のようにWikiにありますが、関係ないですかね。

投稿: しょっぷがーる | 2011/05/30 22:28

そうそう>ムラケンさん

その話し書かなかったな。
実物見ると、『人が入ると蓋閉まらない』って感じですね。
って、実物の説明文には何もそんな事書いてなかったけど。
鉄の処女は、国内唯一の実物(複製品)展示らしいです。

投稿: ロカンドラス | 2011/05/30 15:06

鉄の処女って実際は使われなかったようですね。脅しだけだったようです。
ただしフセインの所にあったやつは使われたらしいけど。

投稿: ムラケン | 2011/05/30 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/51807208

この記事へのトラックバック一覧です: 明治大学博物館:

« 海賊戦隊ゴーカイジャー 第15話 「私掠船現る」 | トップページ | 印刷博物館:空海からのおくりもの »