« 『同人少女 JB』第1部 完 | トップページ | 「Facematch」 »

2011/10/26

カウボーイ&エイリアン

20111025a

普通の西部劇。
風来坊が来て、悪を退治してどっか行く。
牧場、保安官補、連邦保安官、列車、金、淫売、アパッチなど、普通の物ばかりですね、でてくるの。
この頃の銃は初速が遅いから、槍とか斧のが強いよね。使い方によっては。
(そおえいば、ゴーカイジャーの銃の弾、丸かったね。相手は西部劇風で普通っぽい弾だったけど。)

ラストについて
監督のジョン・ファブローは「シェーン」とか「用心棒」とか言ってる。
王道だよね。
黒沢映画も西部劇っぽいのがいっぱい有るしね。

エイリアンは出てくるけど、王道の西部劇だね。
主演の2人が特に西部劇に似合うんだよね。

オリビア・ワイルド:どの作品にいても目立つよね。
たき火のシーンで、後ろ姿だけでなく・・・。
前は無理にしても、横からのショットが欲しかったなぁ。
そおすると、R指定が付いちゃうのかな。

昔はサイコガンっていいなと思ってたけど、この腕輪も良いな。

|

« 『同人少女 JB』第1部 完 | トップページ | 「Facematch」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/53082032

この記事へのトラックバック一覧です: カウボーイ&エイリアン:

« 『同人少女 JB』第1部 完 | トップページ | 「Facematch」 »