« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012/10/30

ボーン・レガシー

20121008d

ボーンシリーズの中では一番好き。
マット・デイモンが好きじゃないんだよな。
オーシャンズ11とかの馬鹿そうな印象が強くて。

ジェレミー・レナーは、好きな方の顔だね。

見た事あるお偉いさんが出てると思ったら、プリズン・ブレイクの所長だ。
アルファズの博士も居るし。(これは前のシリーズから居るんだよね、知らない顔だから覚えてなかった。)


エクスペンタブルズは力で押すアクションで、こっちは頭を使うアクションかな。

初日の頃に見たのに、まだパンフレット読んでない。
何とかしなければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/29

エクスペンダブルズ2

20121029a

うーーん、どんどん溜まっていく。
暫定版でも出すか。
パンフレットが読み終わってから普通は感想書くんだけど、ボーン・レガシーの感想も書いてないのに…。

まぁ、パンフレット読んで、追加することがあったら後で書くと言うことで。

うーーんと、私は、「1」のが好き。
一般には「2」のが人気有るらしい。

「1」は、「みんなでてるぜ、すごいだろぉ」って映画。
「2」は監督がスタローンではなく、普通の監督なもんで、普通の映画になっちゃった。
ストーリーも全く普通。

強いて言えば小ネタが多いくらい。
「溶鉱炉」と「ボクシング」の話は好き。
チェック・ノリス関係は映画見た事無いんで、判らなかった。
チェック・ノリスの映画を見てる人、感想教えて。特にあの音楽。

女性は出てくるけど、ヒロインは出てこないです。

有名人に混じって、見た事無い若いのが出てくる。
お兄ちゃんが神様(ソー)なのね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/24

「死亡フラグかるた」

「死亡フラグかるた」

うーーん。
どれもこれも…。

コレ言ったら死ぬよねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/10/21

群龍割拠 猫とドラゴン展

20121021a

群龍割拠 猫とドラゴン展、初日の朝、行ってきた。
私のTwitterの周りでは有名だけど、一般にはそれほど知られてないのか、空いてた。
ゆっくり見れた。

一番気に入ったのは、天神英貴さんの絵。
デジタル出力なら売ってくれないかなぁ。
少しぐらい小さくても良いから。
ガイドブックに載ってるのは作りかけなのか、実物と色が違う気がする。

二番目に気に入ったのは、松村しのぶさんの作品。
これは売りに出ても手が出ないだろうな。
すばらしい。
ドラゴンの辺りだけでも、海洋堂でレプリカを…

三番目に気に入ったが西川伸司さんの作品。
ああ、この絵が部屋にあったら楽しいだろうなぁ。
ゴジラが好きらしく、ドラゴンの中に、どう見てもゴジラやミニラらしきモノが…。

加藤直之さんの絵は見慣れた感じの絵だけど、ガイドブック見ると、これが良くこうなるなぁ、って感じ。
この大きな絵は、本人も言ってるように、3mぐらい離れてみるのがベスト。
それ以上に離れると、「すばらしい絵」が「普通の絵」に変ってくる。
近いと全体が見えないしね。

開田裕治さんの絵は、ウルトラの世界というか、特撮っぽさを一番感じる絵だった。
あ、本人も来てたな。
名札を確認できたのは開田裕治さんだけ。
大半の人は名前は知ってても、顔を知らない人ばかりだからなぁ。
カードゲームのカードにサインしてる人も居たけど、あれは誰なんだろう。

そうそう、3Dプリンタで出力した作品もあった。
うん、これは手作りはきついよね。
3Dプリンタ向きの作品だなって感じのモノ。

ということで、この展示会オススメです。
(入場無料だし)
見に行ったときの注意。
見た後に、ガイドブックを買うと思いますが、そのときにガイドブックをざっと見てください。
「あ、このネコ見てない」って言うのがあるはずです。
この時点ならまだ間に合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/20

ドラゴンボール

20121020a

日本で、ドラゴンボールが4個確認されたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/01

夜のスカイツリー

20120930d 20120930e 20120930f 20120930g 20120930h 20120930i 20120930j 20120930k

クア・アイナ行った時、錦糸町から歩いたから写真撮りながら歩いた。

5枚目。左のスカイツリーが右のビルに反射してる。
6枚目はその右のビル。

夜は三脚でも持って行かないと取りづらいけど、やっぱり綺麗だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »