« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014/05/28

俺のそば 2回目

2014/05/09 が1回目。
システムが変わってた。

まえは、普通の立ち食いそばだったのに、今回は、店員が席に案内してくれて、そこで注文を取って、運んでくれる。
片すのも店員。

ただ、天かすと、卵がテーブルから消えた。
料理を作ってるカウンターのそばにある。
そばが来てから取りにいかなきゃならない。
私は奥側の席だったのであきらめた。

18:10ぐらいにお店に入ったけど、満員。

値段と味だけなら合格なんだけど…。
人に勧めるところじゃないな。
お昼に来るのもあきらめた。

鶏そば、鶏は大きくていっぱい入ってていいんだけど、つけ麺だからなぁ。
ネギがいっぱい入ってるせいか辛かった。

レジで店員とけんかして時間かけてる人もいるし…。

「俺の焼肉」とか「俺のだし」(おでん)とか興味はあるけど、行かないだろうな。

お昼に散歩してて、宝塚近くで、600円台で定食が食べられるお店(夜は居酒屋らしい)を2件見つけた。
今月中に食べに行けるかな?

ランチの中華屋さんは、みんな煙くて私には使えない事が分かった。
味はいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/12

ばかうけ de ショコラ

20140511e 20140511f

私の好きな、ばかうけ の変わったのがあった。

ああ、高級な味になってるね。
でも、ちょっと高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/11

漫画家による仏の世界展

20140511a 20140511b 20140511c

漫画家による仏の世界展」行ってきた。
当然のように知らない漫画家ばかりだった。
チラシの表紙の人でさえ、左上の人は知らない人。

絵葉書5枚買ってきた。
そのうちの1枚が、現在パソコンの横に飾ってある。
江口寿史の「私訳魚籃観音之図」。
Twitterで見かけたときから気になってた。

今回の絵の中で、気に入ったトップ2(1位は決め難いと言う事)は、「佐伯かよの」と「花村えい子」(この人の本は読んだ覚えがない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/09

俺の○○

俺のイタリアンとか、俺のフレンチとか、いろいろある。

座って食べたいから使ったことなかった。
今日初めて使った。
「俺のそば」
まぁ、立ち食いソバはあるからね。

昨日まで850円ぐらいだった肉そばが500円。
昨日は、大江アナは2件そば屋はしごで、1件はここ?
そりゃ、おなか溜まるわ。

麺はしっかりしてるし、コストパフォーマンスは高い。
天かすと卵は自由に使える。
冷たいおそばで卵使う気はないから、次回は暖かい鶏そばで卵使ってみるかな。

「みちば風ローストビーフ」とか、18時からで限定5食とか。しかも、原価率98%とか。
時間的には頼めるんだが…。
お蕎麦だけでおなか一杯になるから、一品物は頼めない。
ワインとか飲まないし。
あ、店長は和食の人で、道場六三郎の下で働いてた人。

混んでたね。
昨日、WBSに出たせいかな。
いかにも初めてのお客さんばかりだった。

もりそば300円(昨日までの半額)。
なのに、てんぷら(かきあげ)が単体で480円もする。
あのてんぷら食べてみたいけどなぁ。

まぁ、780円であれなら合格かな。
今度試してみるか。
ということは、あと2回は行くのか?

ランチで使える場所と値段だけど・・・。

あ、鶏そば(温)で、てんぷらと卵つければいいのか?

場所は近いし、この近辺のランチは基本1000円前後なんだし、ゆっくり考えるか。

「俺のそば」で検索すると、このお店がトップで出るな。
昨日まではそんなことなかったのに。
「俺のそばから離れるな」とか、そんなのがトップの方にいたのに。

そうそう、このお店のせいで良かったことが一つ。
映画の帰りに食事するところ探してると、たまに見つかるエスニック屋さんたち。
探そうとすると見つからない。
それがあった。
GINZA5だったのか。
マリオンの帰りにこっち来ないもんなぁ。

これで次回はここでベトナム料理かタイ料理が食べられる。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014/05/08

石黒賢一郎

ホキ美術館」で書き忘れた。

気に入ったのは書いたんだけど、「変なの」があった。
石黒賢一郎の作品。

CH-OP09 お願いお願いきずつけないで
絵の右下に小さくあるの、キューティーハニーのシール(プリクラシールぐらいのサイズ)。
CH はキューティーハニーですね。
なんで、これが?って思うけど。

真○○・マ○・イ○○○○○○
この頭の飾りとメガネ。
真希波・マリ・イラストリアスですね。
なんで、これが?って思うけど。

見に来てる人の大半は、元ネタがわかってないようだった。

好みではないけど、インパクトはあった。
興味のある人はぜひ、どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/07

時計の画面

20140505c

新しい時計を変えた。

というか、アプリがバージョンアップして自分で画面を作れるようになった。
ベストでは無いけど、バージョン1で、これなら合格。
次のバージョンにもっと期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/06

ホキ美術館

20140505a

ホキ美術館、初めて行った。
土気にある。駅からバス乗った人、大半は美術館のところで降りた。
ちなみに、「写実絵画を専門」です。

これから行く人にいくつか注意。
総武線快速で行く人、行きは直通でいいんだけど、帰り。
時刻表で、「東京行き」だと思ってホームへ行くと余計な文字が。
「京葉線」って・・・。
土気って、外房線直通の総武線以外に、京葉線も。
京葉線じゃ船橋に行けない。

あとは、朝一で美術館に入ったら、「レストランの予約」を。
12時過ぎに見終わって食事しようとしたら、「14時まで予約でいっぱいです」と。
だから、カフェで食事。ここの椅子はすべて、デザイナーズチェア。
変わってるのに、座りやすい。
窓の外が民家(というか、駐車場)なのがちょっと難点かな。

「ホキ美術館大賞展」、素人の絵だけど、なかなか良いのもあった。
「館長賞」を取った「曲面と空間」がよかった。
レプリカが欲しい。
絵葉書とかの平面になると、魅力がなくなるから、買わなかったけど。

山本大貴の「静寂の声」がとっても良かった。
A3ぐらいのレプリカが欲しいなぁ。
山本大貴はエアブラシとか使ってるそうで、とってもきれい。
写真よりきれい。

写実絵画って、「写真のがいい」って言うのが多いんだけど、この美術館のは、「写真とは違う」のが多い。
山本大貴は、ダントツに、「写真より良い」。
小さい絵でいいから(というか、小さくないと買えないけど)実物が欲しいなぁ。

テレビ(ぶらぶら美術・博物館)で見たときは、「生島浩」の絵が良かったんだけど、実物はいまいちだった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »