« 富士山 | トップページ | 時計の画面 »

2014/05/06

ホキ美術館

20140505a

ホキ美術館、初めて行った。
土気にある。駅からバス乗った人、大半は美術館のところで降りた。
ちなみに、「写実絵画を専門」です。

これから行く人にいくつか注意。
総武線快速で行く人、行きは直通でいいんだけど、帰り。
時刻表で、「東京行き」だと思ってホームへ行くと余計な文字が。
「京葉線」って・・・。
土気って、外房線直通の総武線以外に、京葉線も。
京葉線じゃ船橋に行けない。

あとは、朝一で美術館に入ったら、「レストランの予約」を。
12時過ぎに見終わって食事しようとしたら、「14時まで予約でいっぱいです」と。
だから、カフェで食事。ここの椅子はすべて、デザイナーズチェア。
変わってるのに、座りやすい。
窓の外が民家(というか、駐車場)なのがちょっと難点かな。

「ホキ美術館大賞展」、素人の絵だけど、なかなか良いのもあった。
「館長賞」を取った「曲面と空間」がよかった。
レプリカが欲しい。
絵葉書とかの平面になると、魅力がなくなるから、買わなかったけど。

山本大貴の「静寂の声」がとっても良かった。
A3ぐらいのレプリカが欲しいなぁ。
山本大貴はエアブラシとか使ってるそうで、とってもきれい。
写真よりきれい。

写実絵画って、「写真のがいい」って言うのが多いんだけど、この美術館のは、「写真とは違う」のが多い。
山本大貴は、ダントツに、「写真より良い」。
小さい絵でいいから(というか、小さくないと買えないけど)実物が欲しいなぁ。

テレビ(ぶらぶら美術・博物館)で見たときは、「生島浩」の絵が良かったんだけど、実物はいまいちだった。

|

« 富士山 | トップページ | 時計の画面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/59591543

この記事へのトラックバック一覧です: ホキ美術館:

» 石黒賢一郎 [ロカンドラスのお出かけ日記]
「ホキ美術館」で書き忘れた。 気に入ったのは書いたんだけど、「変なの」があった。 [続きを読む]

受信: 2014/05/08 03:00

« 富士山 | トップページ | 時計の画面 »