« 日比谷のカラオケ屋 | トップページ | DIVERGENT(ダイバージェント) »

2014/07/19

X-MEN: フューチャー&パスト

20140719a 20140719b

X-MEN: フューチャー&パスト、いまいち。
タイムトラベルで過去を変える話が好きじゃない。
変えられるんなら、「元に戻す」じゃなく、「よりよく」すればいいのに。

フロフェッサーXと、マグニートー、過去と現在の人が出てるけど・・・。
将来的にこうなるかなぁ。

プロフェッサーXのパトリック・スチュワートは、オックスフォード大学の客員教授( Visiting Professor)でほんとにプロフェッサー。

マグニートーのイアン・マッケランはサーの称号を持ち、ケンブリッジ卒業してる。

それに比べ、あの若造は…。
もう少しまともな若造はいなかったんだろうか。
タムナスさんはプロフェッサーにならないと思う。


まぁ、いろいろな超能力が見れたのはよかった。

敵の博士はピーター・ディンクレイジ。
昔は、小さくていじめられてる役ばかりだったのに、ゲーム・オブ・スローンズからインテリになったね。

クイックシルバーが一番有能だったかな、今回は。
ブリンクの「どこでもドア」みたいな能力もいいけどね。これって、近くにしかつながらないのか?

|

« 日比谷のカラオケ屋 | トップページ | DIVERGENT(ダイバージェント) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71375/60006759

この記事へのトラックバック一覧です: X-MEN: フューチャー&パスト:

« 日比谷のカラオケ屋 | トップページ | DIVERGENT(ダイバージェント) »